FXセミナーで参考にしたいトレーダーを見極める

FXセミナーで参考にしたいトレーダーを見極める

参考にしたいトレーダー FX取引はどちらかと言えば、投資というよりは投機の性質が強いものです。
そのために取引を行うトレーダーには、テクニカル分析を行う技術が必要となります。
FXセミナーに参加すると、このテクニカル分析とそれを利用しての取引について学ぶことになります。
そこで解説される内容を理解できるか否かで、トレーダーとしての適性がある程度わかります。
FX取引は少額の資金で行えますし、誰でも注文を出すことはできます。
けれども利益を出せるかどうかは、センスも必要になってくるものです。
FXセミナーではチャートの見方など具体的なノウハウを教えていますが、それを活用できるか否かは、適性があるかに関係するものです。
もしセミナーを受けて利益の出し方やリスク管理の方法を理解できたならば、あとは場数を踏むことによって利益を出す可能性があります。
トレーダーとして必要な素質としては、損失も必要経費として受け入れることです。
その上で、いかにその損失を抑えつつ利益を積み上げることができるかを自分で考えることになります。
行った取引を分析して、売買手法を自分なりに確立することが必要となるわけです。
適性があれば、それを自分で行えるようになります。

有名なヘッジファンドのトレーダー

有名なヘッジファンドのトレーダー 大手のFX専業会社では、FXセミナーの講師として有名なヘッジファンドのトレーダーを招くことが多くなっています。
このヘッジファンドのトレーダーは、相場の世界に入って20年以上に渡って現役を続けています。
普通のファンドマネージャーは景気の後退期には、運用成績が悪化して現役を退くことが多くなっています。
しかし、FXセミナーに呼ばれるファンドマネージャーは、今でも現役のトレーダーとして活躍をしている特徴があります。
これだけ長期に渡って活躍できるというのは、確たる投資スタイルを持っていないと続けることはできません。
そうした確たる投資スタイルをFXセミナーでは惜しげもなく公開をしています。
まず、長期の投資スタイルとしては、いわゆるハロウィン投資法と呼ばれるものを推奨しています。
ハロウィン投資法というのは、11月末に買って4月末に売るというやり方です。
FXではドル円では11月末にドルを買って4月末にドルを売るようにします。
このアノマリーが長期的には優れた方法として、投資家に勧められています。
また、短期の投資スタイルとしては、1時間足のチャートのボリンジャーバンドが1シグマを上回り続けている時に、その方向に付くというやり方を示しています。
これらは実際にヘッジファンドの運用で使われているだけに貴重と言えます。


recommend


大阪でボルダリング体験

株式会社さなるで塾講師として働く


最終更新日:2022/6/29

\n"; echo "
「".$q."」
に関連するツイート
\n"; echo "
Twitter
\n"; echo "
\n"; echo "
\n"; echo "\n"; echo "
\n"; $q =urlencode($q); $str = file_get_contents('http://realtime.search.yahoo.co.jp/search?p='.$q); if (preg_match('!TS2bh end-->\s*(.*)/#TSm -->!s', $str, $res)){ print $res[1]; } echo "
\n"; echo ""; ?>